女性プログラマーのメリット・デメリット

プログラマー向け

 

こんにちは。女性プログラマーのたのです。

 

よくプログラマーっぽくないって言われますが、嘘じゃないですよ(笑)

じゃーーーーーん!

名前等は隠してますがちゃんと「アプリケーション開発グループ」課で働いております。

 

プログラマーって大体8~9割男性です。

そんな中で働く女性プログラマーって実際どうなのか気になりますよね。

たの目線から女性プログラマーのメリット・デメリット紹介します。

 

メリット

女性特有のいざこざが無い

女性比率が1~2割しかないということと、

プログラマーになる女性は比較的サバサバしている方が多いので

女性特有の派閥や面倒事はほとんどありません。

たの
たの

たのも4年働いてるけど一度もそういう場面に出くわしたことが無いよ

むしろ、数少ない女性仲間としてかなり団結的になるケースも多々あります。

 

前職のネイリストで、女性社会の泥沼に巻き込まれていたたのにとっては

天国のように仕事がしやすい環境だと思います。

 

女性が少ないのでぼちぼちモテる

モテたくてプログラマーになる人はいないと思いますが(笑)

だいたい1つのプロジェクトに女性は1~2人しかいません。

むさくるしい男性集団(男性陣ごめんなさい)からすると

いてくれるだけで「華」だそうです。

実際、男性陣だけのプロジェクトだと殺伐とした空気になることもあるらしく、

空気を丸くするために女性を投入することもあるほどです。

なんていう女性使い方やねん!!!って気を悪くしないで下さいね。

男性社会に混じるとこういうのも仕事だったりします。

 

そんな「華」な女性ですから、はっきり言ってモテますよ(笑)

飲み会にいっても引っ張りだったりしますね~。

上司ももちろん男性ですから、男性の同僚よりも優しかったりします!

 

女性の平均給与よりも給与は高め

女性だと事務職に就く方が多いと思いますが、

プログラマーは専門職のため事務職に比べて給与は高めです。

いきなり暴露しますが・・・たのはプログラマー4年で、約月収30万もらっています!

現在24歳で、最終学歴が高校卒業(大学中退)のたのにとってはかなり好待遇かなと思います。

たの
たの

残業するときはもっと多いよ!

何かと女性はお金のかかる生き物ですから、たくさんもらえるに越したことはありませんよね!

たくさん稼いで自己投資を楽しむのもありだと思います。

 

職に困らない

これは、男性にも言える事ですが時代はITです。

Iotが進む現代社会ではプログラマーは引く手あまたです。

だいたいの企業はのどから手が出るほど欲しい人材だったりします。

 

また、努力と経験を積めば

働き方も「フリーランス」「リモートワーク」など、

自分で場所や時間選ぶことができる職種でもあります。

 

デメリット

体力的にきつい時がある

たの自身もこれが一番つらかったりします。

ずっと残業が多い訳ではないですが、

システムエンジニアの設計がよくない、他のプログラマーの質が悪いなどの要因で

プロジェクトの進捗が遅れて炎上することがあります。

たの
たの

たの自身も月300時間を超えて労働していたことも!!!

毎日終電でした(涙)

男性よりも体力のない女性からすると、かなりしんどいです。

夢でもプログラムしてることが多々あるほど精神的にも肉体的にもきます。

 

ただ、誤解しないでほしいのは、全てがそうではないということです。

比較的残業の多い職種だということには変わりありませんが、

過度な労働にならないよう調整してくれる企業もきちんとありますよ。

 

女性特有のイベントに対して理解が乏しい

男性社会のプログラマーですから、

どうしても出産休暇や育児休暇などの理解が乏しいです。

また、休暇明けの労働でも小さいお子さんがいることへの配慮が足りないなと感じる場面もあります。

生理痛で体調が悪い時ですら、男性に生理なので・・と言いずらいです。

 

ですが、年々女性プログラマーは増えているので

今後そういった配慮は進んでいくだろうなと思います。

企業によっては出産休暇、育児休暇を取得してから復帰して働ている女性もいますので、

就職の際には、実績のある会社を選ぶことをオススメします。

 

まとめ

どうでしょう。まだまだ改善点はありますが

女性からみたプログラマーという仕事は意外といいこと多いと思います。

何よりバリバリのキャリアウーマンとしてかっこよく働きたい女性には

もってこいのお仕事です。

これを機に、女性プログラマー仲間が増えることを楽しみにしています。

たのと一緒に女性プログラマー界隈を盛り上げていきましょう!!!!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました