プログラマーの種類について

プログラマー向け

こんにちは。女性プログラマーのたのです。

 

プログラマーってパソコンで何かを作ってるイメージあるけど・・・

実際なにするの?って方多いと思います。

今回はプログラマーの種類について紹介させて頂きます。

プログラマーは大きく分けて6種類

1.WEB系

インターネットを通じて使用するシステムをつくっているプログラマー。

具体的には、楽天サイトや旅行予約サイト、企業の人事管理システムなどを製造しています。

たの
たの

たのはWEB系のプログラマーだよ

2.組み込み系・制御系

機械の中に組み込むシステムをつくっているプログラマー。

具体的には、家電製品やカーナビー、カメラなどを製造しています。

 

3.モバイルアプリ

携帯アプリをつくっているプログラマー。

具体的には、TwitterやFacebook、マッチングアプリなどを製造しています。

 

4.パッケージソフト

パソコン自体にインストールして使うシステムをつくっているプログラマー。

具体的には、セキュリティーソフトなどを製造しています。

 

5.汎用系

安全性や信頼性の高いシステムをつくっているプログラマー。

具体的には、銀行のシステムなどを製造しています。

 

6.通信系

データ送信・受信などの通信をするシステムをつくっているプログラマー。

具体的には、ネットワーク機器などの製造をしています。

 

まとめ

ざっとあげても6種類あります。

各種プログラマーによって言語やスキルは大きく異なるため、兼任できる人は少ないです。

今後Iotが進めばプログラマーは需要が拡大していく職種ですが、

特に「モバイルアプリ」の需要はスマフォ需要があるだけ続くと思われます。

これからプログラマーになる方は、

何をつくりたいかを考えて就職するようにしてください。

コメント

  1. Kensky より:

    はじめまして、Kensky と言います。
    ブログ界隈はウェブ屋さんが多いので一言でも制御系プログラマの事が書いてあって嬉しいです
    私は産業用ロボットのプログラムとか書いてますー。
    お仕事もブログも頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました